高齢者に長く働いてもらうことが国の意思か。年金支給開始が遠のく

現在の年金受給年齢は65歳です。
だだし、年金の繰り上げや繰り下げ受給も可能です。
60歳〜70歳の範囲で、自身で支給開始年齢を選べます。

年金を60歳からもらうと30%減額され、
70歳からもらうと42%増額されます。

そして今度は、年金支給開始を70歳以降でも選択できるように、
自民党のプロジェクトチームが政府に提言するそうです。

日本は借金まみれで財政が厳しいのは分かりますが、
国はそんなにも年金を支給したくないのかと思ってしまいます。

日本人の健康寿命は、男性が約71歳、女性が約74歳です。
国は、動けなくなるまで働く事を前提にしている感じがします。
日本人は働くだけで人生を終えてしまう感じがします。

ヤフーの「70歳まで働きたいと思う?」の意識調査を見ると、

「経済的に余裕があれば働きたくない」が約65%もいます。
一方、「経済的に余裕があっても働きたい」が約30%です。

こんな状況の中、
更に70歳以降も働かせるような提言は好ましいとは言えません。

少子高齢化が財政難の要因の一つだとは思いますが、
これまで、国は税金を散財してきたのも要因だと思います。
少し昔ですが、不必要な箱物をたくさん作ってきました。

結局、国のつけは国民が支払うことになります。

日本の老後は段々と厳しくなりそうです。



「貧乏老後」に泣かないためのお金の新常識【電子書籍】[ 横山光昭 ]



スポンサーリンク


加入10年間で、国民年金は月1万6000円になる。質素な食費分?

年金受給資格を25年から10年に短縮する改正法が成立しました。
これで、新たに64万人が年金を受け取れるようになるようです。

現在、国民年金の満額は40年支払って年78万円なので、
10年だと年19万5000円です。
月にすると約1万6000円です。

質素な食費くらいにはなりそうですが、
生活をするには程遠い金額です。

また年金加入期間が10年に短縮されても、
まだ無年金者が26万人います。
70歳まで払えますが、それでも受給資格に届きません。

高齢化社会で、65歳以上の生活保護受給者が20年で倍増しています。
年金受給資格が10年に短縮されても
生活保護に頼る高齢者は減らないと思います。

高齢化社会と年金と生活保護は難しい問題です。
国の借金は1000兆円を超えているし、
根本的な解決策が見当たらない感じです。

先細りの社会保障で困った・・・。

スポンサーリンク


「年金カット法案」で年金が減る。リタイア生活に向かい風。

ネットでドラマばかりを見ていたので、
年金給付抑制について話し合われているとは知りませんでした。
この法案は「年金カット法案」だとして野党側は批判しているようです。

内容は、
①物価が上昇しても賃金が下がれば、年金給付額は減額
②賃金と物価が共に下がった場合、
低い方に合わせて年金給付額は減額

結局、物価に関係なく年金額は下がる感じか・・・。


「年金カット法案」で、国民年金は年4万円、厚生年金は年14万円も減る? アゴラ
2014年度のモデルケースの年金額(国民年金6.4万円、厚生年金22.7万円)に当てはめて計算してみました。すると、
国民年金で年間約4.0万円(月3.300円)
厚生年金で年間約14.2万円(月11.800円)
の減額になることが分かりました。


税収不足なので、
年金が年々減額されていく事は覚悟はしていましたが、
年金減額の速度が加速しそうな法案です。

自分に年金が支給されるのは、まだ十数年先です。
その頃の年金額は一体どうなっているのだろうか?

そうでなくても年金見込み額が少ないのに、
かなりヤバイ状況が待っていそうです。

のんきにアーリーリタイア生活をしたツケが、
この先待っていそうです。

それでも労働意欲は湧いてきません。
面倒なので成り行きに任せることにします。

自分の基本的なスタンスは、50歳以降はおまけの人生なので・・・。



ズボラでもお金がみるみる貯まる37の方法 [ 飯村久美 ]


スポンサーリンク


翻訳
プロフィール

自由人194

Author:自由人194
中年のおじさんです。
形式的にアーリーリタイアしました。
貯蓄が少なくどこまでいけるかわからないので
半分実験的なリタイアです。
とりあえず、
節約生活で生き延びることを目指しています。

リンク
スポンサードリンク
 検索フォーム
カテゴリ
コンパクト月別アーカイブ
お名前.com
あなたのWEBサイトをレベルアップさせるには【ドメイン】!
     ■ドメイン取るならお名前.com■