お金と趣味が一致すれば幸いか。リタイア生活ではブログか?

リタイア後の生活は長いと思います。
その長い時間を過ごす為には、
趣味が必要だと思います。

どうせなら、
少しでも収入が入る趣味を持つことだと思います。

近年は、
ブログ運営やユーチューブ動画を作成する人が増えました。

自分の気持ちを表現しながら収入が得られるので、
一石二鳥だと思います。

それに収入が関係してくるので、
やる気のモチベーションを持ち続けられると思います。

リタイア後の長い人生では、
能動的な意識を持ち続けられるようにすることが大切だと思います。

何かを創りだす趣味は、ボケ防止にも役立つと思います。

思考を巡らせる趣味は、リタイア生活には良いと思います。

そのほか散歩や家庭菜園など、
少し体を動かす趣味も健康の維持に役立つと思います。

身近な趣味なら長く続けていけると思います。

リタイア後の心配事は収入と健康の問題だと思うので、
少しでもそれを趣味で補えることに越したことはないと思います。







スポンサーリンク


YouTubeの総再生数が1万回を超え、やっと広告が表示された。喪が明けた気分。

自分は一応、ユーチューブをやっています。
弱小ユーチューバーなので、
月に飴玉1個分の収入にしかならない状態です。

そんな状況の4月頃、ユーチューブのプログラムが改定され、
総再生数1万回未満のチャンネルでは広告が表示されなくなりました。

つまり、自分のチャンネルから広告が消えました。

そんな状況の中、8月に入ってやっと、
自分のチャンネルの総再生数が1万回をクリアしました。

そして先日、広告の表示が再開されました。

長い4ヶ月間でした。

喪が明けた気分です。

小遣い稼ぎなら、ユーチューブよりはブログを書いている方が
遥かに収入になると思います。

だだ、自分の感じでは、ユーチューブの場合、
アップした動画が増えれば増える程、
収入につながると思います。

一方、ブロブの場合、
常に新しい記事を書き続けないと、
忘れられた存在になります。
つまり、少しでもサボると収入がほとんどなくなります。

ユーチューブの場合、サボっても下落の変化が穏やかだと思います。

収入の効果に関しては、
ブログは「うさぎ」で、ユーチューブは「亀」かもしれません。

かなりの長期スパンで見ると、
最終的には、ユーチューブの方が安定した収入源になると思います。

だだ、自分は弱小ユーチューバーなので、
結果が出るまでに、とてつもない時間がかかると思います。

はっきり言って自分のチャンネルはしょぼいので
まだまだ道のりは長いと思います。



スポンサーリンク


低収入でも借金をしなければ、生き延びれる?安物で妥協するのが無難か?

今の時代、高収入を得るのは大変だと思います。
高学歴でも社会に向かない人は、
低収入に陥る可能性もあると思います。

結局は、能力と世渡り上手が必要かもしれません。

さて、社会に出て数年経過すると、
自分の収入の先が見えてくると思います。
低収入だと、その先も現状が継続することに気づくと思います。

お金がないのに、世間に合わせた生活をすると、
更に生活が苦しくなるかもしれません。
借金をすれば、泥沼にハマるかもしれません。

早い時期に自分の状況を冷静に観察すれば、
低賃金でもそれなりに生き延びれると思います。

物は安いもので妥協して、借金をしない習慣を身につけるだけで、
それなりにお金が貯まるかもしれません。

少し高額なものでも、お金貯めてから買うようにすれば、
借金に苦しむこともないと思います。

結局は、収入と支出を管理できる出来る人が生き延びれると思います。

特に、低収入の場合、
感情に左右されずに理性的に支出をするべきだと思います。

物は、機能さえ果たしていれば十分だと心に留めておけば、
低収入でも、それなりに人生は何とかなると思います。

できるだけ借金のない状態が、人生のアドバンテージになると思います。

お金を貯めたいなら、
高額な物は選択しから外した方が無難だとおもいます。

ちなみに、いつも自分は安物を選択してきました。
それで、どうにか生き延れた感じがします。





超一流の二流をめざせ! [ 長倉顕太 ]



スポンサーリンク


翻訳
プロフィール

自由人194

Author:自由人194
中年のおじさんです。
形式的にアーリーリタイアしました。
貯蓄が少なくどこまでいけるかわからないので
半分実験的なリタイアです。
とりあえず、
節約生活で生き延びることを目指しています。

リンク
スポンサードリンク
 検索フォーム
カテゴリ
コンパクト月別アーカイブ
お名前.com
あなたのWEBサイトをレベルアップさせるには【ドメイン】!
     ■ドメイン取るならお名前.com■