収入を上げるには希少性が大切か?

約15年間の平均年収を見ると、
平成9年が467万円、平成25年が414万円で、
右肩下がりです。

アベノミクスによって、年収はここ数年下げ止まってはいますが、
どういう方向に向かうのでしょうか?

最近は、非正規社員の増加で、格差が広がってきていると思います。
ますます、貧乏人は貧乏に、金持ちは金持ちになっていくような気がします。

非正規社員では、スキルアップの機会がないと思います。
いつも同じ能力の状態では、収入が増える可能性は少ないと思います。

収入を増やすには、希少性が必要だと思います。
人のできないことができれば、収入が伸びると思います。
モノがたくさんあると、価値が下がるのと同じ現象です。

そのほか、能力の掛け合によっても希少性が生まれると思います。

以前、テレビで見ましたが、
お坊さんで船舶免許を持っている人が出ていました。
最近は、墓じまいをする人が増えています。

そうすると、墓じまいのために、
お墓でお経を上げたあと、海に船を出して散骨をしてました。

そうすると、一人で二役のことができるので、
希少性になり、収入が増えると思います。

収入を増やすには、希少性を目指すのが成功の鍵だと思います。

希少性は、需要と収入アップにつながると思います。




アイデアのちから


スポンサーリンク


アーリーリタイアしても、家で月1万円を稼ぐと気分的に楽だと思う。

アーリーリタイアは、ある程度の貯蓄を貯めて、
基本的に年金をもらうまでは、
貯蓄を取り崩して生活していると思います。

とりあえず、収入がなくても生活が成り立つように計画していると思います。

それでも、アーリーリタイアでは、月1万円でも収入を得る努力をすれば、
何かと気分的にいい効果があると思います。

たかが月1万円でも、おやつなどの嗜好品をかなり買えると思います。
月1万円を自由に使えるので、
少しは気分的に自由な感じを味わえると思います。

この月1万円は予定にない収入なので、
自由に使っても、アーリーリタイア生活の妨げにならないと思います。

家にいて月1万円の収入を得るには、
ブログを毎日更新すれば、そんなに難しくないと思います。
ブログが軌道に乗れば可能な収入だと思います。

多くのアーリーリタイア生活をしている人は、
ブログを書いていると思います。
毎日ブログを書いている人は、
月1万円以上の収入になっていると思います。

例えば45歳でアーリーリタイアをして、
年金がもらえる65歳までブログを書き続けるとすると、

1万円×12ヶ月×20年=240万円になります。

ブログを書き続ければ、240万円もの自由なお金が生まれます。

毎日のちょっとした努力で、アーリーリタイア生活の自由度が増すと思います。

アーリーリタイア生活は時間がたっぷりあるので、
暇つぶしにブログを書いて、
アドセンスやアフィリエイトを始めてみてもいいと思います。

結講気楽に続けていけると思います。






スポンサーリンク


アーリーリタイア後の収入で、税金と住居費をまかなえれば良い

アーリーリタイア後の収入は、
多ければ生活に余裕が出ると思いますが
基本的に家にいるので、多くは稼げない場合が多いと思います。

とりあえず自分の場合は
税金と住居費くらいの収入があればいいと思っています。

去年の税金等をみると
国民健康保険税で約2万円
固定資産税が約3万6000円
国民年金保険料は全額免除
住民税非課税
合計約5万6000円になります。

年6万円くらいなら、家にいても得られる収入だと思います。
今の状況だと適当にやっていても得られる収入になりました。
去年の収入は、利息・配当・ブロク収入で約19万円でした。

リタイア当初は、収入ゼロの計画だったので、
いくらか状況が改善したことになります。
贅沢はできませんが、今の状況が続けば老後までは持ちそうです。

やはり、リタイア生活では住居費を抑える事ができれば、
そんなに多くの収入がなくてもやっていけると思います。

持ち家か賃貸かで、長所や短所があると思いますが、
老後、低収入の場合、
持ち家の方が生き残れる確率が高いと思っています。




マイホームは、中古の戸建てを買いなさい! [ 高橋正典 ]



スポンサーリンク


翻訳
プロフィール

自由人194

Author:自由人194
中年のおじさんです。
形式的にアーリーリタイアしました。
貯蓄が少なくどこまでいけるかわからないので
半分実験的なリタイアです。
とりあえず、
節約生活で生き延びることを目指しています。

リンク
スポンサードリンク
 検索フォーム
カテゴリ
コンパクト月別アーカイブ
お名前.com
あなたのWEBサイトをレベルアップさせるには【ドメイン】!
     ■ドメイン取るならお名前.com■