将来は、病院で死ねない時代が来る

団塊の世代が高齢者になり、
周知の通り、ますます高齢者の割合が増えてます。

平成24年の人口動態統計では、死亡者数は約125万人です。
自分が高齢者になる2030年頃には、
死亡者数は、160万人になる見込みです。

近年は、約8割の人が病院で死亡しているようですが、
将来的には、自宅でなくなる人が増えると思います。

高齢化と共に、医療費や介護費が膨らんできているので、
これらの費用を抑える必要がでてきていると思います。

高齢社会は、老後の年金の問題や最期の安心な死に場所など、
問題だらけになってきそうです。

人生の若い時から老後の生活を心配し、
そして最後は、もしかしたら自宅で悲惨な最期を迎える場合が
増えるのかもしれません。

自分は基本的に悲観的ですが、
普通に考えても、明るい老後を想像するのは難しいと思います。






スポンサーサイト

スポンサーリンク


翻訳
プロフィール

自由人194

Author:自由人194
中年のおじさんです。
形式的にアーリーリタイアしました。
貯蓄が少なくどこまでいけるかわからないので
半分実験的なリタイアです。
とりあえず、
節約生活で生き延びることを目指しています。

リンク
スポンサードリンク
 検索フォーム
カテゴリ
コンパクト月別アーカイブ
お名前.com
あなたのWEBサイトをレベルアップさせるには【ドメイン】!
     ■ドメイン取るならお名前.com■