ダンボールを玄関に並べて隙間風対策をしてみた。貧乏臭いが・・・

自分の家は、すきま風が結構入ってくる感じがします。
特に玄関ドアの隙間風は多いと思います。

玄関は北側を向いているので、
冬の時期は多くの隙間風が入ってくる感じです。
ドアの隙間に手をあてると、冷たい風が入ってきているのがわかります。

それで少しでも隙間風を防ぐのに、
夜になると、余ったダンボールを玄関のドアに並べて積んでいます。
セッティングは1分もあれば完了します。
どれだけ効果があるのかわかりませんが、気休めでやっています。

多少は断熱効果があると思います。
熱は窓から逃げるので、もう少し空き箱があれば良かったのですが・・・



玄関


本当はドアに隙間テープを貼れば済みそうですが、
試しにダンボールを設置しました。


見栄えが悪くて貧乏臭いです。
夜に設置して朝に撤去しています。

お金があれば、玄関と廊下の間にサッシの引き戸を取り付けたいです。
昔あった北海道の実家には、そのようなサッシの引き戸を設置していました。
そうすれば、玄関からの隙間風を防げます。

本当に、古い関東の家は、断熱にたいして無関心です。
北海道の家の感覚からすると、
根本的に考え方が違うような感じがします。

関東は、冬の温度が中途半端なので、
真剣に暖房に向き合ってこなかった感じがします。
部屋全体を暖める発想に真剣さがない感じがします。

北海道は冬でも、
部屋の中では薄着でも寒くないのが普通です。

文化の違いを感じます。



新・やっぱり赤レンガの家に住みたい! [ 松本祐 ]


スポンサーリンク


スポンサーサイト



政府がLEDを促している。交換費用が結構かかる?

政府は、省エネを強化する方針を打ち出した。

蛍光灯や白熱灯をLEDに交換する事を促しています。
省エネ強化で、蛍光灯や白熱灯は製造がしにくくなりそうです。

そのうち、蛍光灯や白熱灯は製造されなくなりそうなので、
最後には、すべての照明はLEDになる運命だと思います。

LEDは消費電力が少なくて、寿命はかなり長いので
一度設置すれば経済的だとは思います。
だだ、全てLEDに交換するのには、結構お金がかかりそうです。

蛍光灯からLEDに交換する場合、工事が必要な場合もあるみたいです。
蛍光灯には、安定器というものがついています。
LEDは安定器が必要ないので、これを取り除く必要が有ります。

そうすると、電気工事士による工事が必要になってきます。
電気の知識があっても、資格の無い者は勝手に工事ができません。

蛍光灯が無くなる日がきそうなので、
最後には電気工事をしてもらう必要が出て来る場合も多くなると思います。

家中の蛍光灯をLEDに交換する工事をしてもらうと
いったいいくらかかるのだろうか?
スタート方式によって、工事が必要かどうかが違ってくるようですが・・・

LEDも高いし、工事が必要な場合は、
10万円以上はかかりそうな気がします。

自分の家はどうなのかまだ詳しく調べてはいませんが、
工事が必要だと、少し経済的に痛いです。

少し将来の悩みの種が増えました。

基本的に、収入のない生活をしているのに、
次から次と、お金のかかることばかり増えていきます。

今の政府になってから、生活が少しずつ厳しくなってきました。

貧乏人は蚊帳の外なので、だだ眺めていることしかできません。




家電製品アドバイザー試験 早期完全マスター第11版 [ 家電資格試験研究会 ]


スポンサーリンク


アーリーリタイア生活では、不景気の方が生活しやすい?

アーリーリタイア生活は、
基本的に収入がないのが普通だと思います。

資産の多い人は
株などの投資で収入を得ていると思います。
しかし、貧乏アーリーリタイアだと
大きな収入を得るのは難しいと思います。

基本的に、それなりの節約生活をしていくしかありません。

アベノミクスによって株価は上がりました。
一種の株価操作のような方法で日経は上がりましたが、
実態経済は、株価ほどは良くなっていないと思います。

大企業は、収益が増えて良くなってきていると思いますが、
中小企業はあまり良くなっていないと思います。
無理やり円安にもっていったので、
原材料費の仕入れが反対に収益を圧迫していると思います。

リタイアなどの収入のない生活では、
消費増税をきっかけに物価が上がり始めたことは、
以前よりも生活を苦しめる結果になっています。

景気が良くなればなるほど、物価が上昇すると思うので、
収入の恩恵がないリタイア生活にとって、
景気が良くなると反対に生活が苦しくなると思います。

だだし、景気が良くならないと税収が増えないので、
不景気でも問題が有ります。

国の1000兆円を超える借金があるので、
少しくらい景気が良くなっても借金が減るとは思いませんが・・・

長い目で見ると好景気の方がいいですが、
個人的に今の時点で見ると、
不景気のデフレ状態の方がリタイア生活が楽です。

現役か無職かで立場が違ってくると思います。

どうすれば、みんなにとっていい状態なのかは難しいです。



老後貧乏にならないためのお金の法則 [ 田村正之 ]


スポンサーリンク


翻訳
プロフィール

自由人194

Author:自由人194
中年のおじさんです。
形式的にアーリーリタイアしました。
貯蓄が少なくどこまでいけるかわからないので
半分実験的なリタイアです。
とりあえず、
節約生活で生き延びることを目指しています。

リンク
スポンサードリンク
 検索フォーム
カテゴリ
コンパクト月別アーカイブ
お名前.com
あなたのWEBサイトをレベルアップさせるには【ドメイン】!
     ■ドメイン取るならお名前.com■