あるアンケートをみると、1億円以上の資産でセミリタイアするという回答が6割以上を占めている。

たまたま、人気ブログランキングのアンケートを眺めていました。

「いくら資産があったらセミリタイアしますか?」という質問がありました。
回答の内訳をみると
1億円が約28%、1億円以上が37.5%となっていました。
あわせると約65%の人が1億円以上でセミリタイアをすると回答しています。
次に多かったのが3000万円以下と5000万円で、共に9.4%でした。

回答数が60件くらいしかなく、絶対数が少ないのでなんとも言えませんが、
セミリタイアであっても1億以上が必要だと思っている人が多い感じです。

個人的には、セミリタイア生活はそんないにアクティブに生活しなくても、
時間をゆったり過ごせればいいと思っています。
そんなにお金をかけなくても、大きな不満はないと思っています。

自分の考えは、一般的なセミリタイアの感覚からずれているのかな?
お金はあった方がいいですが、貧乏リタイア生活をしている自分にとっては、
1億円は到底貯蓄できない金額です。

結局、セミリタイアの考え方は人それぞれなので、
自分の信じた道を進んでもいいと思っています。
目指すリタイア生活が違うので、
貯蓄額が違うのは当然の結果かもしれません。






スポンサーリンク


金銭面で大雑把な人は、アーリーリタイアは無理か?

アーリーリタイア生活をしている人は、
計画を継続する力がある人だと思います。
そのほか、世間に流されずに自分の考えを持っている人だと思います。

計画性のある人なら普通の収入が有れば、
お金を貯めることは、そんなに難しくはないと思います。
将来の目標貯蓄額に向けて、節約などの努力を継続していける人が
アーリーリタイアをすることができる人だと思います。

あとは、世間一般のトレンドに流されずに、
自分の考えを持っていれば、無駄な出費をしなくてすみます。
仮に毎月1万円無駄遣いすると、
20年での240万円の無駄遣いになります。
ちょっとしたことでも、長期スパンで考える事が大切だと思います。
塵も積もれば山となります。

無事にアーリーリタイアに入ってからも、
計画を継続する事が必要になると思います。
アーリーリタイア生活は、
現役の時以上に、計画の継続力が必要になってきます。
年金を受給するまでは、
基本的に貯蓄だけで生活することになると思います。

以上のように考えると、金銭面で大雑把な人は、
アーリーリタイアは無理かもしれません。
おそらくアーリーリタイア以前の問題で、貯蓄ができないかもしれません。

アーリーリタイアは、小さなことをコツコツと継続できる人が、
向いていると思います。







スポンサーリンク


リタイア生活の中でも切磋琢磨を続けている?

リタイア生活では、
特に何かを強制される事のない生活を送っていると思います。
一日中寝ていても、あまり問題はないと思います。

しかし、人は、何かをせずにはいられない生き物だと思います。

リタイア生活でも、何かの資格をとろうと、
毎日、努力を続けている人もいると思います。
ダイエットのために、摂取カロリーを計算したり、
運動を継続的にしている人もいると思います。

自分が続けていることは、毎日のブログの更新と週2〜3回の散歩です。
これも強制されてしているわけではありません。
人は、何かを継続的にしている方が、精神的な満足感を得られて
生活に張り合いがでる生き物だと思います。

ブログの投稿の場合、
自分以外にも、毎日ブログの投稿を続けている人がたくさんいます。
そういう人をみていると、
ブログ投稿の意欲も湧いてきます。
自分一人だけではないので、やる気が継続して
いい影響を受けている感じがします。
なんとなく、互いに切磋琢磨している状況に似ている感じがします。

リタイア生活は、長い時間が続くので、
目標や継続的な何かが、必然的に必要な要素だと思います。
自分は、まだリタイア生活が約3年なので、
新たな何かを考えてみたいと思っています。






スポンサーリンク


翻訳
プロフィール

自由人194

Author:自由人194
中年のおじさんです。
形式的にアーリーリタイアしました。
貯蓄が少なくどこまでいけるかわからないので
半分実験的なリタイアです。
とりあえず、
節約生活で生き延びることを目指しています。

リンク
スポンサードリンク
 検索フォーム
カテゴリ
コンパクト月別アーカイブ
お名前.com
あなたのWEBサイトをレベルアップさせるには【ドメイン】!
     ■ドメイン取るならお名前.com■