スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサーリンク


消費税増税と電気ガス料金の値上げ、間近

4月から消費税が上がるというのに、
新たに、3月分の電気・ガス料金の値上げが発表されました。

自分は東京電力管内のに住んでいますが、電力会社のなかで値上げ幅は最大です。
ガスの方は、マイナーなガス会社の地域に住んでいますが、
大手と同じように値上げが予想されます。

円安で燃料の調達に費用がかさんでいるようですが、いつまでつづくのでしょうか?
月足のチャートをみても判断が難しいです。
転換線が100円あたりにあるので、転換線にタッチしてから、再度円安に進むのか?

原発が稼働すれば料金は下がりそうですが、
できれば動かさずになんとか料金を抑えてもらいたいです。

最近は、値上げの話しか耳にしなくなってきましたが、
節約生活が必須条件の自分にとって、
たまには、モノが安くなった話を聞いてみたいです。



スポンサーリンク


スポンサーサイト

家を買ったときは、ネットで探しました。

既に3回、自宅を買い換えています。
マンションが2回、戸建が1回です。

どれも安い中古住宅だったので、いつも現金で購入してました。
探すときは、いつもインターネットのyahoo不動産などで検索して
良さそうなものがあったら、取り扱い不動産にメートルを入れました。

メールを入れるときは、100万円くらい値引きしてくれるなら
購入を考えてみたいという内容で送ったこともあります。
大体、100万円位は安くなります。

自分の場合は、物件を内覧すると、
あまり迷わずに即決で購入を決めてきました。

いいのか悪いのかわかりませんが、そういう性格なので仕方ないです。
結果、3回も買い換えているので、見る目がないということでしょうか・・・。

それでも3回目に買った戸建で、やっと落ち着いた感じです。
家を購入すると時は、ある程度の慎重さが必要だと実感しました。

一番大切なのは、住宅の環境だと思ってます。



スポンサーリンク


低貯蓄でもアーリーリタイア生活は可能か?

一般的なアーリーリタイアは、
十分な貯蓄を確保してからリタイア生活に入ると思います。
なかには、年金を補助的な位置づけで考えている場合あると思います。
更に、リタイア生活の収入の手段を確保している場合もあると思います。

以上が、正しいアーリーリタイアだと思いますが、
ブロクを見ていると、低貯蓄でもリタイア生活を実行している人も
かなりいる感じがします。
自分もこの部類に入ります。
自分の場合は生活の質より、リタイアしたい気持ちの方がまさった感じです。
十分な準備をあまり重視していませんでした。
とりあえず、リタイア生活も2年を過ぎて貯蓄も確実に減ってはいますが、
一定の割合で、ほほ予定どうりです。

低貯蓄でも計画的な支出管理さえできれば、アーリーリタイアは可能だと思います。
もし年金受給まで貯蓄がもちそうにない場合は、
年金の繰り上げ受給を考えています。

更に悪い状況だったら、家を売って(ほぼ土地の価値しかないです。)
小屋暮らしでもするしかないかな・・・・。
何もなければ、年金がもらえる時期まで十分やっていけると思ってます。

低貯蓄でも、アーリーリタイア生活をのりきるやり方は色々あると思います。
結局、その人次第だと思います。



スポンサーリンク


翻訳
プロフィール

自由人194

Author:自由人194
中年のおじさんです。
形式的にアーリーリタイアしました。
貯蓄が少なくどこまでいけるかわからないので
半分実験的なリタイアです。
とりあえず、
節約生活で生き延びることを目指しています。

リンク
スポンサードリンク
 検索フォーム
カテゴリ
コンパクト月別アーカイブ
お名前.com
あなたのWEBサイトをレベルアップさせるには【ドメイン】!
     ■ドメイン取るならお名前.com■
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。