スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサーリンク


2013年、最後の投稿

2013年を振り返ると、特に何もしませんでした。
イベント的なこともなく、ただ時間が流れた感じです。

日常生活は、ネット、テレビ、たまに散歩で1日が終わるパターンです。
時間があるので、ブログ更新を心がけた感じです。
薄っぺらな内容だったと思いますが、
できるだけ投稿を継続しました。(ボケ防止にもなるのかな)

テレビは、昼頃の旅番組、海外ドラマ、映画を見ることが日課に
なっていました。

散歩は、週1回2時間を歩く事を続けています。
最近、足の血行がかなり悪く冷たくなってきたので
本当は、毎日30分でも歩いたほうがいいと思ってます。

あとは、自分のリタイアの基本となる節約生活を心がけました。
来年は消費税も上がるので、
今よりも節約を意識する生活になると思います。

来年も今とは変わらない生活パターンになると思いますが、
何か目標を持ってみようと思います。

それでは、良いお年を



スポンサーリンク


スポンサーサイト

若者世代は、アーリーリタイアに向いている?

若者世代は、アーリーリタイアに向いているかもしれない。
彼らはバブル景気とは無縁で、
不況の時代がほとんどだったので、
お金のかかるものには、関心も高くない傾向にあると思います。

無駄使いをしない気質を身につけているので、
自然と貯蓄が増えていくと思います。

それにパソコン、テレビ、ゲーム、音楽などで
一人で過ごす事が得意な感じがするので、
長いリタイア生活を苦もなく乗り切って行く感じがします。

ウチ志向?な世代なので、貯蓄さえあればアーリーリタイアの
成功者になれそうです。

自分も若いうちに、節約思考を身につけていたなら、
今とは違った結果になっていたかもしれません。



スポンサーリンク


家賃は、老後を圧迫するか?

資産と年金額によって、人それぞれだと思いますが、
自分の場合、仮に家賃を払い続けると生活が更に厳しく
なることが、簡単に予想できます。

仮に家賃を月5万、50歳でリタイアしてから30年間生きるとすると、
1800万円はかかります。

自分の場合、中古戸建購入費と修理費で700万円かかりました。
30年分の固定資産税を120万円とすると(年4万円とする)
合計820万円になります。
補修費をプラスしても1000万円で収まると思います。

自分にとって老後の800万円の差は、かなり大金です。
自分の考えでは、賃貸より妥協した戸建を買うのが、
リタイア生活に少し余裕をつくると思います。

マンションの場合は、税金・管理費・修繕積立費で少なくても、
月3万円はかかるので、老後に余裕のない人は選択肢から外した方が
いいかもしれません。

一言でいうと、住居費にあまりお金をかけないのがリタイアのコツ?
だと思います。



スポンサーリンク


翻訳
プロフィール

自由人194

Author:自由人194
中年のおじさんです。
形式的にアーリーリタイアしました。
貯蓄が少なくどこまでいけるかわからないので
半分実験的なリタイアです。
とりあえず、
節約生活で生き延びることを目指しています。

リンク
スポンサードリンク
 検索フォーム
カテゴリ
コンパクト月別アーカイブ
お名前.com
あなたのWEBサイトをレベルアップさせるには【ドメイン】!
     ■ドメイン取るならお名前.com■
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。