ユーザーローカル(3984)の初値は12500円 公開価格の4.25倍 将来有望?

今年はまだ投資をしていませんが、
一応、株の投資には興味を持ち続けています。
たまに、株関連のニュースや記事を見ています。

それで今日の話題の銘柄は、
東証マザーズ上場のユーザーローカルだと思います。

事業内容は「ビッグデータの解析・人工知能による情報提供サービス」なので、
これから人口が減少するに従って、人工知能の進出は広がっていくと思います。

さて、ユーザーローカルは2日目の後場にようやく12500円の初値がつきました。
公開価格2940円の4.25倍になります。
そして、一時13000円を超えていましたが、
引け近くで急落して終値は12470円でした。

IPOに当選した方は、かなりの利益になったと思います。
これが株の醍醐味でもあり、反対に恐ろしい面だと思います。

ユーザーローカルは、これからの時代の成長分野かもしれません。
話題性もあるのでしばらくは気になる銘柄です。

とはいえ自分は当分の間、株に関しては傍観者でいるつもりです。
日経が15000円くらいになるまで冬眠してます。

数年で下がるかな・・・?

さて、この会社は、「サポートチャットボット」という製品を販売しています。
顧客からの問い合わせに24時間リアルタイムで応答できます。
チャット形式の対話のようなので、今の時代に合っている感じがします。

とりあえず、人の代わりに人工知能が働く一例だと思います。


スポンサーリンク


スポンサーサイト

40万円を2億5000万円にした個人投資家「かぶ1000」さん。自分も夢を見たいが・・・

株の投資で勝ち続けるのは難しいと思います。
しかし、個人投資家「かぶ1000」さんは、
中学生の時に元手40万円から株を始めて、2億円以上の資産を築きました。

中学生の時に元手40万円から株を始め、平成バブル崩壊や、ITバブル崩壊なども経験してきた「かぶ1000」さん。

 継続して安定的に上がる株で資産を大きく増やすことができないかと考えていたところ、ITバブル崩壊時に逆行して上昇していたバリュー株投資の有効性を痛感。2000年から年平均38%増を達成し続けている。

 2億円以上の資産を築いたかぶ1000さんが狙う割安株は、“バリュー投資の父”として知られる米国の有名投資家の1人、ベンジャミン・グレアムが提唱する「ネットネット株」と、「資産バリュー株」だ。

  ザイ・オンラインから引用

グレアムのネットネット株とは、
流動資産(現金など)から負債総額を引いた額の3分の2が時価総額よりも多く割安な銘柄です。

式にするとこんな感じかな 
ネットネット株 =(正味流動資産-総負債)×2/3 >時価総額

あまりピンきませんが、地道に探せば条件にあった銘柄に出会えるかもしれません。

また、資産バリュー株とは、
普通のPBRではなくて資産の含み益も加味した実質的な資産額で評価します。
式にすると、時価総額÷(純資産+含み益)

こちらも、ファンダメンタル分析に慣れていない人にはピンとこないと思います。
自分はチャートのテクニカル分析は、少しは経験がありますが、
ファンダメンタルを勉強したことがありません。

しかし、本当に資産を築こうと思うなら、
ファンダメンタルを重視した方がいいのかもしれません。

自分の投資資金は50万くらいしかないので、「かぶ1000」さんのように、
少額な資金から資産を築くのが夢ですが・・・
明らかに無理な感じもします。

成功するには何事も勉強と努力が必要だと思います。
手っ取り早いチャートに頼っていては、
資産を築くのは難しいのかもしれません。

とりあえず、老後までには十数年の時間があるので、
それまでには、少しは資産を増やしたい気持ちはあります。
だだ時間が過ぎるだけで、終わってしまう可能性の方が高いかな。


スポンサーリンク


アパート経営は厳しい時代。家賃減収、大家が提訴へ。

普通に考えれば、近頃のアパート経営は厳しいと思います。
首都圏でも、アパートの3室に1室が空室の時代です。
地方はもっと厳しいかもしれません。

最近は相続税対策でアパートを建てる場合が多いようですが、
既に、アパートは供給過剰にあると思います。
どう考えても、競争が激しい分野だと思います。

収支がトントンならまだしも、
なかには固定資産税が払えないアパート経営者もいるようです。

さて、家賃減収、大家が提訴へ レオパレス21「10年不変」という記事が、
朝日新聞デジタルに載っていました。

家賃収入は10年間変わらない契約でアパートを建てたのに、6年後に減額されたとして、愛知県の男性(80)が22日、サブリース大手「レオパレス21」(東京都)を相手に、減額分の支払いを求める訴訟を名古屋地裁半田支部に起こす。


契約時の業者の説明不足だったのかもしれませんが、
普通に考えればアパートが供給過剰なので、
遅かれ早かれ減額される状況にあったと思います。

オーナーには気の毒ですが、
危険な投資に手を出してしまったと思うしかないと思います。

日本は人口減少に入ったので、ますますアパート経営は難しくなると思います。
これからは、アパート自体が負の遺産になる可能性の方が高いと思います。

それなら、日経が大きく下がった時に優良企業の株を買って、
配当でもらっている方がいいと思います。

アパート経営は、精神的な苦労も多いと思いますし、
借金地獄に陥る前に、何とかアパート経営から撤退したほうが
余生をゆっくり過ごせると思います。

時代を無視した投資には、先がないと思います。



>続・アパート経営はするな! それでも始めてしまった人へ【電子書籍】[ 須田忠雄 ]



スポンサーリンク


翻訳
プロフィール

自由人194

Author:自由人194
中年のおじさんです。
形式的にアーリーリタイアしました。
貯蓄が少なくどこまでいけるかわからないので
半分実験的なリタイアです。
とりあえず、
節約生活で生き延びることを目指しています。

リンク
スポンサードリンク
 検索フォーム
カテゴリ
コンパクト月別アーカイブ
お名前.com
あなたのWEBサイトをレベルアップさせるには【ドメイン】!
     ■ドメイン取るならお名前.com■