若い世代は、若いうちから貯金に励んで老後を生き延びるしかない?

ここ1年くらいモリカケ問題が途切れません。
公文書隠蔽など、嘘のオンパレードです。

セクハラ問題もあり、
日本の中枢部分が既に終わっています。

庶民は生活が現実なので、
将来の生活の方が気になると思います。

現実に目を向けると、
最大の心配は老後の生活だと思います。

日本は少子高齢化が極端に進んできたので、
将来の年金は減り続け、
また年金支給開始年齢は引き上げ続けられると思います。

今の若い世代は、
年金が70歳支給開始が現実になると思います。
さらに伸びるかもしれません。

そうすると、
普通に考えれば若いうちから貯金に励んだり、
そして老後も働き続ける必要が出てくると思います。

国が将来の生活を約束できる状況ではないので、
自力で老後を生き抜く気持ちが必要だと思います。

老後それなりに安泰なのは、
今の高齢者から上の世代だと思います。

今の若い世代は、
それなりに質素に生きていく意識があると思います。
自動車に興味がある若者は、
昔に比べてはるかに少ないと思います。

時代が、質素に堅実に生きてゆくようにさせたと思います。

自分が思うに、若い世代が老後を生きてゆくのに、
この意識が助けになると思います。

それにしても、
今の日本の内側には、
どんよりした物が立ち込めていると思います。

時代が進むと、
更に重くなっていくような感じがします。


スポンサーリンク


スポンサーサイト

老後もブログを書き続ける? ネット等の収入は必須か?

最近、このリタイアブログを書く意欲が薄れてきました。

そうかと言って、
完全にブログをやめるのも難しい感じがします。

将来、低年金が確定しているので、
老後も出来るだけブログを書いて、
ささやかな収入を得る努力は必要かもしれません。

最近このブログでは、
おやつ代くらいの収入にしかならなくなりましたが、
たとえ100円のお菓子でも満足感は大きいです。

甘いお菓子を食べれば幸せな気分を味わえます。
このほんの僅かなご褒美で、
このブログをどうにか続けるモチベーションを
維持できている状況です。

自分の場合、
僅かな収入でも、多くの収入源を確保する努力が
老後を生き延びるための鍵になると思います。

それで、ユーチューブにも手を広げています。

幸いにもユーチューブは、
今回の厳しい規約変更の条件をクリアできたので
収益化を維持出来ました。

私のユーチューブにチャンネル登録してくれた方には、
本当に感謝しています。

現在は、
ブログよりもユーチューブの収入の方が多くなったので、
今回の足切りをクリアできた意味は大きいです。

収入源を維持できたことは、
老後の基盤づくりの助けになります。

一つ一つは少ない収入でも、
たくさんの収入ポイントを確保する事が、
現在、自分が目指している事です。

これからも、ささやかな努力を続けていくつもりです。



スポンサーリンク


普通の人が自分と同じ状況なら、直ぐに破綻する?

早期リタイアも一種の老後のような生活だと思います。
収入は少なく、
多かれ少なかれ節約を意識する必要があると思います。

その状況に適応できない人は破綻するかもしれません。

老後は、現役時代の2分の1から3分の1の支出で
生活する場合が多いと思います。

現役気分で消費をすると、思った以上に貯蓄が減ると思います。
最近は、老後破綻と言う言葉を耳にします。

そうならない為にも、
1ヶ月の消費の上限を決めておくといいと思います。
無意識に消費すると、後悔することになると思います。

自分の場合は、リタイア生活に入ってからは、
支出が4分の1から5分の1くらいまで減ったと思います。

貯蓄が極端に少ない状況を覚悟してのリタイアだったので、
そこまで支出を抑えることが出来たと思います。

貯蓄のシミュレーションをすれば、
大まかな将来の予想はできると思います。

自分の場合は極端すぎるので、
普通の人には参考にならないと思います。

だだ、現役とリタイアでは、
金銭感覚を変えることは必須だと思います。

遠い将来、生活保護制度が機能しているとは限らないので、
破綻しないように生活することが大切だと思います。




スポンサーリンク


翻訳
プロフィール

自由人194

Author:自由人194
中年のおじさんです。
形式的にアーリーリタイアしました。
貯蓄が少なくどこまでいけるかわからないので
半分実験的なリタイアです。
とりあえず、
節約生活で生き延びることを目指しています。

リンク
スポンサードリンク
 検索フォーム
カテゴリ
コンパクト月別アーカイブ
お名前.com
あなたのWEBサイトをレベルアップさせるには【ドメイン】!
     ■ドメイン取るならお名前.com■