タンパク質摂取と筋トレで、筋肉量を維持して老後に備えるべきかも


中年も後半になってくると、
次第に筋力が衰えてきます。

放置しておくと
老後の健康にも悪い影響がでると思います。

特に自分は独り者で頼れる人もいないので、
老後も十分に動ける体を維持する必要があります。

それで最近は、肉を買って食べるようになりました。
経済的に余裕がないので、
安い鶏肉を買うことが多いです。

鶏むね肉は100g50円くらいで売っています。

そうすると、
毎日鶏肉を100g食べることも可能です。

そのほか納豆もほぼ毎日食べて、
タンパク質の摂取を心がけています。

筋力維持の為には、
タンパク質の摂取はもちろんですが、
筋肉運動も必要だと思います。


最近は、
スクワット・腕立て伏せ・腹筋をするようになりました。
回数は少なめであまり無理はしていません。

だだ、回数は少ないですが、
筋肉が硬くなってきた感じがします。
少し体がしまってきました。

そのほか、たまに長めの散歩をしています。

老後の健康維持のために、
鶏肉などのタンパク質と筋肉運動を
続けていきたいと思います。

何も努力しないと
老後、動けない体になってしまいます。

老後の生活を楽しくすごすには、
筋肉量を維持することが大切だと思います。


スポンサーリンク


スポンサーサイト

3時間の散歩。帰り、「とまれ」の柵に圧倒された。

今日は曇って肌寒い一日でした。
ですが、お昼頃散歩をしました。
隣の市の萱田地区公園まで行ってきました。

土曜日のお昼頃でしたが、
人がほとんどいなくて閑散としていました。

野球場に数名、
広場に親子連れがほんの少しいました。

公園には噴水があり、そのそばにカモが数羽いました。
また、公園の土手のスイセンが咲き始めていました。
もうしばらくしたら満開になりそうです。


水仙


公園をウロウロしたあと帰りました。

帰りは遊歩道を通りました。

遊歩道の終わりに車両進入防止柵がありました。
それには「とまれ」の文字が書かれていましたが、
その柵と文字の数に圧倒されました。


柵

初めて見る光景でした。

今日の散歩の一番の出来事になりました。

さて、散歩は3時間くらいになりました。

足ですが、左足の指の付け根あたりの調子悪いです。
圧力がかかると少し痛いです。
なんとなく骨が変な感じがします。

当分の間、長い散歩を控えようと思います。
これからは軽く済ませます。

丁度、体重も56kg台まで減ったので良かったです。

明日は、ゆっくり家で過ごします。



スポンサーリンク


ウエストのサイズで死亡率が変わるようです。現在ダイエット中。

ウエストサイズが5センチ増えて行くと同時に、死亡率は9%ずつアップしていきますが、この法則は男性よりも、女性に多く現れているとのことです。ウエストサイズが95センチに達すると70センチだったときと比べて、死亡率はなんと80パーセントも上がってしまうというのです。

  引用元:Peachy-ライブドアニュース

アメリカの病院、メイヨークリニックのデータによると、
ウエストのサイズが大きい程、早死にするそうです。

体重と言うかウエストの管理は
健康にとって重要だと思います。

自分は1月からダイエットを開始しています。
昨年1月もダイエットをしてそれなりに減量できました。

しかし、質素な食事とはいえ、
なんとなく生活しているとそれなりに体重が増えてきます。

自分の場合、変化は体重以上にウエストにあらわれます。

昨年は確かウエストを78cmくらいまで絞りました。

しかし、現在は80cmちょっとはあります。
このまま放置しているとウエストは段々太くなっていきます。

すなわち、死亡リスクが増加します。
ウエスト5cm増加で死亡率が9%増えます。

現在の食事は一日2食と野菜スープです。
この状態で様子をみて、
体重が停滞するようなら、
もう一段摂取カロリーを減らします。

2ヶ月くらいで目標のウエスト78cmになればと思っています。

中年の一人者なので病気になると色々と面倒です。
病気になると一人では対応が難しいこともあるので、
とりあえず、大病になる要因は少なくしたいと思っています。



スポンサーリンク


翻訳
プロフィール

自由人194

Author:自由人194
中年のおじさんです。
形式的にアーリーリタイアしました。
貯蓄が少なくどこまでいけるかわからないので
半分実験的なリタイアです。
とりあえず、
節約生活で生き延びることを目指しています。

リンク
スポンサードリンク
 検索フォーム
カテゴリ
コンパクト月別アーカイブ
お名前.com
あなたのWEBサイトをレベルアップさせるには【ドメイン】!
     ■ドメイン取るならお名前.com■