最新記事

低周波振動のない環境で暮らしたい。家はボロくてもいいが。

今の中古戸建てを購入してから7、8年経過しました。

住宅環境が良ければ、
今の古い家でもそんなに不満はありませんが、
住宅環境が悪くなったのはすごく残念です。

つまり低周波振動に毎日悩まされています。

近所にエコキュートが3台くらいあります。
次々にエコキュートを設置する家が増えました。

これも一つの原因ですが、
根本的に別に振動源があるようです。

結局、どこから来る振動なのかわかりません。
引っ越してきた頃は振動を感じませんでしたが、
状況が変わりました。

特に夜中は振動がキツくて、
寝ていると胸が振動します。

昼間は、振動はかなり小さくなりますが、
それでも家の中がうなっている感じがします。
外に出ると静かなので本当に原因はわかりません。

家が建っている地形に問題があるのかもしれません。

低周波振動で悩まされるは、
この家に来てから初めてです。

せっかく老後に備えて家を確保しましたが、
振動のないところへ引越したいと思っています。

だだ、まだ年金をもらえる年齢ではないので、
定期的な収入がありません。

つまり部屋を借りるにしても、
十分な収入がないので家賃を支払い続けられません。
まだ行動を起こすには早いです。

まさか、住宅環境がこんなに変わるとは予想できませんでした。

貧乏早期リタイアなのについていません。
こういう時、余裕のリタイアなら変化に簡単に対応出来たはずです。

貧乏早期リタイアは一種の賭けだと思います。
自分は賭けに負けた気分です。

ここ数年、心地よい睡眠をとれていません。

穏やかな場所で熟睡することが、
今の一番の望みです。




スポンサーリンク


スポンサーサイト

若い世代は、若いうちから貯金に励んで老後を生き延びるしかない?

ここ1年くらいモリカケ問題が途切れません。
公文書隠蔽など、嘘のオンパレードです。

セクハラ問題もあり、
日本の中枢部分が既に終わっています。

庶民は生活が現実なので、
将来の生活の方が気になると思います。

現実に目を向けると、
最大の心配は老後の生活だと思います。

日本は少子高齢化が極端に進んできたので、
将来の年金は減り続け、
また年金支給開始年齢は引き上げ続けられると思います。

今の若い世代は、
年金が70歳支給開始が現実になると思います。
さらに伸びるかもしれません。

そうすると、
普通に考えれば若いうちから貯金に励んだり、
そして老後も働き続ける必要が出てくると思います。

国が将来の生活を約束できる状況ではないので、
自力で老後を生き抜く気持ちが必要だと思います。

老後それなりに安泰なのは、
今の高齢者から上の世代だと思います。

今の若い世代は、
それなりに質素に生きていく意識があると思います。
自動車に興味がある若者は、
昔に比べてはるかに少ないと思います。

時代が、質素に堅実に生きてゆくようにさせたと思います。

自分が思うに、若い世代が老後を生きてゆくのに、
この意識が助けになると思います。

それにしても、
今の日本の内側には、
どんよりした物が立ち込めていると思います。

時代が進むと、
更に重くなっていくような感じがします。


スポンサーリンク



プロフィール

自由人194

Author:自由人194
中年のおじさんです。
形式的にアーリーリタイアしました。
貯蓄が少なくどこまでいけるかわからないので
半分実験的なリタイアです。
とりあえず、
節約生活で生き延びることを目指しています。

自由人194ツイッター

 参加ランキング

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村 その他生活ブログ 一人暮らし貧乏・生活苦へ

翻訳

閲覧者

スポンサーリンク

検索フォーム

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

04月 | 2018年05月 | 06月
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -


ドメイン取得 1円から